日本数学会のあゆみ

顕彰事業(3)-- 日本数学会賞建部賢弘特別賞/奨励賞

日本数学会賞建部賢弘特別賞/奨励賞

 建部賢弘(1664-1739)は、関孝和の高弟で、独自で三角関数表を作成した人物です。1996年の50周年を記念し、日本数学会建部賢弘賞が創設されました。建部賢弘特別賞・奨励賞の2つの賞に分けられ、特別賞は若くして優れた業績をあげられた人の顕彰を、奨励賞は優れた業績で数学研究を始めた若い人達の奨励をそれぞれ目的として制定されたものです。

●2009年度受賞者 
(2列目左から)
澤野嘉宏氏(奨励賞)、田中心氏(奨励賞)、三浦英之氏(奨励賞)、安井弘一氏(奨励賞)
(1列目左から)
谷寛氏(特別賞)、下村明洋氏(特別賞)、福島竜輝氏(特別賞)、岸本展氏(奨励賞)、佐々木浩宣氏(奨励賞)

●2010年度受賞者 
(左から)
高橋篤史氏(特別賞)、宮本安人氏(特別賞)、佐々田槙子氏(奨励賞)、中岡宏行氏(奨励賞)、深澤正彰氏(奨励賞)
(右上)
小林健太氏(特別賞)

建部賞授賞者リストへ
2007年度のページ
2009年度のページ