日本数学会

広報委員会

会員ニュース

伊山 修会員のICRA Award受賞について


本会会員、伊山 修氏(名古屋大学大学院・多元数理研究科准教授) が、 ICRA Award 2007(International Conference on Representations of Algebras Award)を受賞されました。数学会から心よりお慶び 申し上げます。今回の受賞は

On a higher theory for almost split sequences and Auslander correspondence and Calabi-Yau categories, which have strong connections with the cluster algebrs of Fomin-Zelevinski
(和訳) 概分裂列とアウスランダー対応に対する高次元理論と カラビ・ヤウ圏におけるクラスター代数に関する研究
によるものです。この賞は、多元環の表現論に関するもので 年齢35歳以下の研究者が対象です。また、前回の会議以降に行われた 研究が審査対象となっています。授賞式はポーランド・コペルニクス大学(Torun) で開催されました「第12回多元環の表現論国際会議」において2007年8月22日に 行われました。

伊山会員の受賞に関する紹介は、「数学通信」誌上および数学会のホームページ上で行ないます。


日本数学会情報システム運用委員会作成
Copyright(C) 2007 Mathematical Society of Japan
最終更新日: 07 September 2007