日本数学会

広報委員会

会員ニュース

小林 俊行会員の大阪科学賞受賞


本会会員、京都大学数理解析研究所教授 小林 俊行氏が

「リーマン幾何の枠組を超えた不連続群論の創始とリー群の無限次元表現における 離散的分岐則の発見」
により第24回(平成18年度)大阪科学賞を受賞されました。 数学会より、心からお慶び申し上げます。

小林会員の受賞に関する紹介は、「数学通信」誌上11巻4号および数学会のホームページ上で行ないます。

表彰式および受賞記念講演は 以下の次第で開催されます。

と き
平成18年11月1日(水) 14:15〜16:30
ところ
大阪市西区靭本町1−8−4  大阪科学技術センター8階大ホール

参考

日本数学会ホームページ管理委員会作成
Copyright(C) 2007 Mathematical Society of Japan
最終更新日: 23 Feb 2007