代数学シンポジウム

第67回 代数学シンポジウム

会期:2022年8月30日(火)〜9月2日(金)
会場:京都大学数理解析研究所420教室
開催方法: 現地での開催+Zoom配信によるハイブリッド開催. (2022.6.24.記)
登録方法:現地での参加、オンラインでの参加のいずれの場合も参加者を事前に把握するため、事前登録が必要です. 事前登録は2022年7月24日(日)までに行ってください. 事前登録は締め切りました. (2022年8月10日)

主催:日本数学会代数学分科会、京都大学数理解析研究所      
pdf版プログラム (2022.6.29.掲載)    アブストラクト集(2022.8.10.掲載)   

プログラム責任者:

群論・表現論: 山内 博(東京女子大学)、柳田 伸太郎(名古屋大学)
数論: 原 隆(津田塾大学)、大野 泰生(東北大学)
代数幾何: 岡田 拓三(佐賀大学)、渡邉 究(中央大学)
環論: 早坂 太(岡山大学)、神田 遼(大阪公立大学)

会場責任者:森脇 淳(京都大学)
シンポジウム責任者:小島 秀雄(新潟大学、評議員)



プログラム:* を付したものが一般向け講演です.

8月30日(火)

9:45--10:45 音喜多 純拓 (千葉大学)
    「群環の中心とイデアル」
11:00--12:00 森脇 湧登(理化学研究所)
    「二次元共形場理論の定式化とその構成」
13:30--14:30 立谷 洋平(弘前大学)
    「代数的独立性の判定条件とその応用」
14:45--15:45 鈴木 美裕(金沢大学)
    「周期積分と関数等式」
16:00--17:00 太田 和惟(大阪大学)
    「惰性的素数におけるCM楕円曲線の反円分岩澤理論」


8月31日(水)

* 9:45--10:45 朝倉 政典(北海道大学)
    「超幾何モチーフの1-拡大」
* 11:00--12:00 加塩 朋和(東京理科大学)
    「ガンマ関数の関数等式とCM周期の単項関係式の対応とその応用」
* 13:30--14:30 中西 知樹(名古屋大学)
    「団代数と団散乱図式」
* 14:45--15:45 清水 健一(芝浦工業大学)
    「非半単純モジュラーテンソル圏」
16:00--17:00 直井 克之(東京農工大学)
    「一般化量子アフィンSchur-Weyl双対性と圏同値」


9月1日(木)

* 9:45--10:45 川北 真之(京都大学数理解析研究所)
    「3次元の双有理幾何」
* 11:00--12:00 金銅 誠之(名古屋大学)
    「Kummer surfaces and quadratic line complexes in characteristic 2」
* 13:30--14:30 源 泰幸(大阪公立大学)
    「Quiver Heisenberg Algebras: a cubical analogue of preprojective algebras」
* 14:45--15:45 居相 真一郎(北海道教育大学)
    「ブローアップ代数のゴレンシュタイン性について」
16:00--17:00 長峰 孝典(小山工業高等専門学校)
    「SamuelによるUFD判定の一般化とその応用」


9月2日(金)

9:45--10:45 菊田 康平(大阪大学)
    「K3曲面の導来圏の自己同値群」
11:00--12:00 橋詰 健太(京都大学)
    「On lc-trivial fibrations with log big moduli parts」
13:30--14:30 中村 勇哉(東京大学)
    「hyperquotient特異点のminimal log discrepancy」
14:45--15:45 土谷 昭善(東邦大学)
    「偏極トーリック多様体の断面種数と格子点の数え上げ」
16:00--17:00 榎本 悠久(大阪公立大学)
    「加群圏の部分圏のなす束の組合せ論」



------------------------------------------------------------------------
これまでの代数学シンポジウム

過去の代数学シンポジウムのホームページ,開催地,主催者等 一覧

過去の代数学シンポジウム報告集の所在について


分科会ホームページトップへ