2018年度年会

期日: 2018年3月18日(日)〜21日(水)
会場: 東京大学 大学院数理科学研究科

3月19日(月)

春季賞 授賞式

木田 良才 (東京大学大学院数理科学研究科)
離散群とエルゴード理論の研究

出版賞 授賞式

遠藤 寛子「算法少女」(ちくま学芸文庫,筑摩書房,2006年/初版は岩崎書店,1973年)

奥村 晴彦,黒木 裕介「LaTeX2e美文書作成入門」(技術評論社,第7版,2017)

JMSJ論文賞 授賞式

Jonathan BENNETT; Neal BEZ; Chris JEAVONS; Nikolaos PATTAKOS:
(School of Mathematics, University of Birmingham; Graduate School of Science and Engineering, Saitama University; School of Mathematics, University of Birmingham; School of Mathematics, University of Birmingham)
On sharp bilinear Strichartz estimates of Ozawa-Tsutsumi type
Vol. 69, No. 2 (2017) pp. 459−-476

Toshiyuki TANISAKI:
(Department of Mathematics, Osaka City University)
Modules over quantized coordinate algebras and PBW-bases
Vol. 69, No. 3 (2017) pp. 1105−-1156

Yasunori MAEKAWA; Jonas SAUER:
(Mathematical Institute, Tohoku University; Fachbereich Mathematik, Technische Universität Darmstadt)
Maximal regularity of the time-periodic Stokes operator on unbounded and bounded domains
Vol. 69, No. 4 (2017) pp. 1403−-1429

春季賞 受賞講演

木田 良才 (東京大学大学院数理科学研究科)
離散群とエルゴード理論の研究

3月17日(土)

市民講演会

小薗 英雄 (日本数学会理事長・早稲田大学理工学術院)
挨拶

小島 定吉 (東京工業大学情報理工学院)
サーストンの3次元多様体論