トポロジー分科会選出評議員候補者選挙規則

1)選挙権者はトポロジー分科会に登録のある日本数学会会員とする. 

2) トポロジー分科会選出評議員候補者選挙の候補者(予備候補者と呼ぶ)は選挙権者のな
  かで,
   1.トポロジー分科会選出の評議員(現評議員と呼ぶ)が推薦する者一名、
   2.選挙権者10名以上の連名により推薦された者、
  とする.ただし,現評議員は被選挙権を有しないものとする.
  選挙管理委員会はこれらの推薦を受付ける期間を明示し数学通信で公表する.
   
3) トポロジー分科会選出評議員候補者の任期は二年とする.
   付記:a) 数学会の定款では、評議員の任期は一年、ただし再任を妨げない
   とあるので、再任分を込めた意味での選挙とする.
    b) 補欠による評議員候補者の任期は,前候補者の残任期間とする.

4)選挙の結果、得票数が一番の予備候補者を評議員候補とする.同点首位の場合は、会員
  番号が大きい予備候補者を評議員候補とする.ただし、予備候補者が一人の場合は信任
  投票とし、投票数の過半数が信任の場合はその予備候補者を評議員候補とする.

5)選挙管理委員は2人の評議員が相談して3名を春の学会開催中に会員の中から指名し、
  公表する.

6)選挙管理委員は5)の選任をうけて、選挙の準備を開始する.
  選挙管理委員は郵送で候補者の通知及び、投票用紙の送付を行う.
     投票は秋の総合分科会開催時に選挙管理委員が行う.
   ただし,選挙管理委員が指定する期日までの郵送による投票も可とする.
  この場合は厳封することとし,郵送料は投票者の負担とする.
  開票及び集計は、郵送のものの開封も含め,秋の総合分科会開催時に行い、結果は直ちに
  公表する.
  
7)本規則の改正はトポロジー分科会総会で行う.

8)本規則は2000年3月28日より実施する.
                                                   以上