ロゴ日本数学会  2018年度日本数学会応用数学研究奨励賞

2018年度日本数学会応用数学研究奨励賞

日本数学会応用数学研究奨励賞は応用数学分野における研究を奨励し、分野全体の交流・発展を図ることを目的として、2013年9月に日本数学会において設立されました。応用数学に関連する分野において優れた業績をあげた39歳以下の若手研究者に対して、その業績を顕彰するために与える賞です。

2018年度日本数学会応用数学研究奨励賞は以下の方に授賞されます。

伊藤涼(明治大学研究・知財戦略機構研究推進員)
空間周期的な係数をもつKPP方程式の伝播速度の最小化問題
A minimizing problem associated with the spreading speed for the spatially periodic Fisher-KPP equation
井元佑介(京都大学高等研究院特定助教)
非圧縮性Navier--Stokes方程式に対する粒子法の安定性解析
Stability analysis of a particle method for incompressible Navier--Stokes equations
宇田智紀(東北大学材料科学高等研究所助教)
離散レーブグラフの理論と位相流体解析への応用
Discrete formulation of Reeb graphs and its application to topological flow data analysis
山本健(琉球大学理学部講師)
ランダム二分木に対する大偏差原理
Large deviation theorem for random binary trees

English