ロゴ日本数学会  2017年度日本数学会応用数学研究奨励賞

2017年度日本数学会応用数学研究奨励賞

日本数学会応用数学研究奨励賞は応用数学分野における研究を奨励し,分野全体の交流・発展を図ることを目的として,2013年9月に日本数学会において設立されました.応用数学に関連する分野において優れた業績をあげた39歳以下の若手研究者に対して,その業績を顕彰するために与える賞です.

2017年度日本数学会応用数学研究奨励賞は以下の方に授賞されます.

内海晋弥(早稲田大学基幹理工学部助手)
高次要素を用いる圧力安定化有限要素法による高レイノルズ数流れ問題の数値計算
Numerical computation of high-Reynolds-number flows by a pressure-stabilized FEM with higher-order elements
栗原大武(北九州工業高等専門学校生産デザイン工学科准教授)
距離正則グラフのユークリッド歪みについて
On the Euclidean distortion of distance-regular graphs
関坂歩幹(明治大学研究知財・戦略機構研究推進員)
曲面上のスポットの運動
Motion of spots on the curved surface
中野直人(京都大学国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター特定講師)
データ駆動的力学系モデリング:遅延座標と導函数座標埋め込みに対する数学解析
Data-driven dynamical reconstruction: Mathematical analysis for delay and derivative embeddings

English